美白化粧品に使われている美白成分ってなんでしょう?安心?安全?

美白成分ハイドロキノンがもたらす効果

美白化粧品の中には医薬成分が配合されているタイプもありますが、その場合は皮膚科や美容クリニックなどに足を運んで医師に診察をしてもらった上で処方を受ける必要があります。

美白化粧品の中で特に美白効果が高いといわれている成分の一つにハイドロキノンという成分がありますが、ハイドロキノンはシミの原因になるといわれているメラニン色素の生成を抑制するだけでなくメラニン色素を作る物質を直接的に低減することができます。

ハイドロキノンはその美白効果の高さから漂白剤とも呼ばれていますが、一方で使用方法をきちんと守って使用しないと副作用の症状が現れる可能性があるのでハイドロキノン成分が入っている美白化粧品を使用する場合は注意が必要です。

副作用の症例としては炎症や赤みを引き起こすなどの症状が一般的とされていますが、特に敏感肌の人は肌トラブルが起こりやすい特徴があるので事前にパッチテストを受けて肌との相性をチェックしておく必要もあります。

また、長期的の使用をすると白斑が出ることがあり、それが肌全体の色むらになることによって肌トラブルになることがありますが、同じ個所にピンポイント塗布を継続していると起こりやすくなるので注意が必要です。

ハイドロキノンは酸化しやすい物質になるので使用する場合に開封後はできるだけ冷暗所へ保存をして適切に管理する必要があり、濃度についても肌の負担がない範囲での使用をすることが前提になります。

ムダ毛処理はクリニックの方が効果が高いです

ビタミンがもたらす美容への効果

ビタミンはお肌を健康に保つために必要不可欠な成分だといわれており、食事によって大多数のビタミンは摂取することができるものの、最近は食生活が乱れている人が増えていることもあって安定的にビタミンの摂取をすることができない人も増えているといわれています。

ビタミンがもたらす肌への効果についてはシミ改善や紫外線から肌を守る肌の働きがあり、シミ改善についてはビタミンが持つ還元作用によってシミを分解して取り除く働きが期待され、他にも活性酸素を阻害することによってメラニンが生成されるのを抑制することができます。

紫外線から肌を守る機序については日焼けをした後の炎症と共に生じる活性酸素を分解することによって肌に対するダメージを最低限に抑えることが可能になっていますが、メラニン色素を生成する物質の抑制効果をもたらすことによって色素沈着を防ぐこともできます。

美白化粧品にも多く使用されているビタミンですが、他に含有されている美容成分との相乗効果によってさらに高い美容効果を得ることができるので美白化粧品を選んで購入する場合は含有されている成分についてもチェックしておくようにしましょう。

美白化粧品がもたらす肌への効果については肌質によっても変わる部分があるので個人差がありますが、いずれにしても継続的な使用が肌に対して効果をもたらすことになるので続けることができる予算を考えた上での使用を検討するようにすることが大切です。

メラニンの合成を抑制するアルブチン

美白化粧品を使用する場合に含有されている美肌成分についてはできるだけ信頼できる成分が含有されているタイプが良いものですが、その中でもアルプチンという成分は厚生労働省が認める美白成分として注目されており、美白化粧品の成分としても多く使用されています。

アルプチンはとにかく美白効果が高いメリットがありますが、皮膚科などでも使用されることの多いハイドロキノンという医薬成分にブドウ糖を結合させたものがアルプチンになっており、ハイドロキノンと比較した場合に美白の効果が高いことに加えて副作用のリスクが小さいメリットもあります。

アルプチンが配合されている美白化粧品を使用する場合に考えたいのがアルプチンの種類で、αアルプチンとβアルプチンの二種類がありますが、αアルプチンに関してはコケモモや梨などに多く含まれていてβアルプチンについてはハーブなどに多く含有されています。

αアルプチンがもたらす肌への効果については直接的な美白効果が高いことですが、一方のβアルプチンに関しては美白効果についてはαアルプチンと比較すると低くなっているものの古い角質を取り除くことによって透明感のある肌を作ることができるメリットなどがあります。

また、美白効果を得たいのであれば肌の上からだけでなく体内からも働きかけることが必要で、特に乱れている食生活を改善することや睡眠バランスを整えることなどは肌にとって必要不可欠なことになります。